リヒテルズ直子

オランダから地球市民社会と教育を語る

古いブログへのリンクはこちら 地球を渡る風に吹かれてオランダ人と社会と教育と

これまでの講演・ワークショップとこれからの予定

次の帰国日程(2017年6月)はNEWS & EVENTS をご覧ください

  • 2017年1月31日(火)13:00−15:00 伊丹市議会議員勉強会 講演「オランダ人の働き方・生き方・育て方」
  • 2017年1月30日(月)堺市議会子供と女性が輝く社会実現調査特別委員会研修会講演「先進国で最も子供が幸せな国オランダの人々の生き方・働き方と子育て事情ーーーグローバル時代の成熟市民社会の在り方とは?」
  • 2017年1月29日(日)日本イエナプラン教育協会関西支部・認定NPO法人箕面こどもの森学園共催講演 ワークショップ「自尊心と異なる他者との共生に基づくグローバル時代の市民の育て方」NPO法人箕面こどもの森学園
  • 2017年1月28日(土)イエナカフェ@ナゴヤ講演&ワークショップ「オランダのイエナプラン教育とヨーロッパの教育事情」(ウインクあいち1102)
  • 2017年1月27日(金)こんな学校にしたい会・イエナプラン教育協会千葉支部 徹底対談「リヒテルズ直子✖️鈴木大裕」(聞き手:平川理恵)(ショッパーズプラザ新浦安4階)
  • 2017年1月23日(月)株式会社ワークライフバランス特別セミナー「新しい働き方は新しい教育とセットじゃないと実現しない!~オランダ・イエナプラン教育専門家のリヒテルズ直子さんから学ぶ~」(株式会社ワーク・ライフバランス セミナールーム 〒108-0023東京都港区芝浦3-6-5 オカザキ芝浦ビル6階)
  • 2017年1月22日(日)日本イエナプラン教育協会(協力:株式会社内田洋行、探検移動小学校市川力)「リヒテルズ直子氏×苫野一徳氏とイチから考える公教育」株式会社内田洋行 新川本社(ユビキタス協創広場CANVAS 2階)
  • 2017年1月21日(土)和光学園組合教育研修基調講演「オランダの教育から考える、日本・和光のこれから」(和光中学校・高等学校)
  • 2016年9月ピースボートにナビゲーターとして乗船
  • 2016年6月15日(水)久留米大学医学部看護学科主催講演「自律と共生を学ぶオランダの教育ーーーオランダから日本が学ぶこと」久留米大学医学部
  • 2016年6月13日(月)日本イエナプラン教育協会福岡支部主催ワークショップ 【イエナプラン教育学習会in福岡~リヒテルズ直子氏を囲んで~】「アクティブラーニングとイエナプラン」福岡市NPO・ボランティア交流センター「あすみん」セミナー室
  • 2016年6月11日(土)京都教育大学(メンタープロジェクト)主催講演「グローバル化時代の公教育の行方:教員の役割は?ーーー欧米の動向・オランダの動向からヒントを探る」京都教育大学
  • 2016年6月10日(金)コアプラス主催講演&ワークショップ「アクティブラーニングの本質を問うーイエナプランの実践を手掛かりとしてー」大阪府立柴島高等学校2階会議室
  • 2016年6月8日(水)公益社団法人京都市保育園連盟主催講演「グローバル時代を生きる子ども達を「地球市民」として育てるーーーヨーロッパの動向とオランダ・イエナプランに学ぶーーー」(こどもみらい館)
  • 2016年6月7日(火)一般社団法人京都府保育協会主催講演(10:00−12:00)「グローバル化時代に向けて一人ひとりの個性と共感を育てるーーーオランダ・イエナプランから学ぶ」ワークショップ(13:00−16:00)【保育力アップ講座】(いずれも本願寺聞法会館)

  • 2015年11月29日(日)昭和女子大学学園本部間3階大会議室 講演「オランダの教育制度と現在」主催:ママカラ☆プロジェクト/NPO法人エデュケーショナル・フューチャーセンター  後援(予定):昭和女子大学、世田谷区、世田谷区教育委員会 「世田谷の学校が変わるときーーー子どもの幸福度No.1の教育制度をヒントに」
  • 2015年11月28日(土)渋谷本町区民会館4階大集会場 講演「オランダと日本 教育の多様化の歴史と今後の展望」多様な教育を推進するためのネットワークオルタネット主催シンポジウム「教育の多様化」ってなんだろう?
  • 2015年11月21−23日(土〜月)法政大学・お茶の水女子大学・自由学園で開催の日本イエナプラン教育協会主催「オランダイエナプラン教育専門家招聘イベント」に講演者・コーディネーターとして参加
  • 2015年6月28日(日)12:00−16:30 東京都美術館 「グローバル時代の公教育の未来を考えるーー競争から共創へ」講演1リヒテルズ直子、講演2佐藤学氏、対談:佐藤学氏VS リヒテルズ直子(子ども教育立国主催・子ども未来塾運営)
  • 2015年6月27日(土)12:00−16:30 東京都美術館 「ハピネス大国オランダのイエナプラン教育に学ぶ ーークリエイティビティの本質ーー」講演:リヒテルズ直子、質疑応答、パネルディスカッション(東京シューレ朝倉景樹氏ほか関係者と)(子ども教育立国主催・子ども未来塾運営)
  • 2015年6月24日(水)14:00−15:40 中村中学校・高等学校 講演と模範授業 「あなたたちとともに拓く未来、生きるって何?」
  • 2015年6月23日(火)19:00−21:00 東京都足立区 足立区子ども支援センター「げんき」5階 研修室3「これからの子供達の育ちに必要なヒントとして」(リヒテルズ直子との対話)1時間講演・1時間質疑セッション 
  • 2015年6月21日(日)13:30−16:30 東京都中野区 社会福祉法人東中野キングス・ガーデン1F キングス・カフェ「DVD発売記念【イエナプランはビジョン】 オランダ・イエナプラン教育ワークショップ〜リヒテルズ直子氏と読み解く20の原則〜 」(前半:講演、後半:ワークショップ)(一般社団法人日本イエナプラン教育協会主催)
  • 2015年6月20日(土)10:00−17:00 福岡市 リファレンス駅東ビル4F M会議室 「リヒテルズ直子さんと学ぶ『学習する学校』ーーー未来に向けてすべての人が自立した社会を作る」(LOLO一丁目主催)
  • 2015年6月19日(金)18:30−20:45 福岡市 西南大学西南コミュニティセンター 苫野一徳氏との対談「ともに未来を拓こうーーー官教育から自立的市民を育てる公教育へ」(一般社団法人日本イエナプラン教育協会主催、福岡市教育委員会後援
  • 2014年10月26日13:00~17:00学術研究ネットGKNシンポジウム日本と世界の教育=幼児~基礎教育=、講演③「共生を育み支える学校制度とは―――オランダの事例を中心に―――」(15:10~16:00)、その後他の講演者榊原洋一氏(お茶の水女子大教授・小児科医)とShizu(しず)氏(自閉症療育アドバイザー)と総合討論、お茶の水女子大学・大学本館生活科学部306号室
  • 2014年10月25日18:15~20:45 「未来の教育への提言――リヒテルズ直子VS苫野一徳 徹底対談!『これからの教育を内と外から考える』」浦安市民プラザWAVE101小ホール
  • 2014年10月25日10:00~12:00 和光小学校親和会・世田谷町田地域教育懇談会共催、和光小学校親和会講演会「これからの時代を幸せに生きる子どもたちを育てるため親にできること」 和光小学校 
  • 2014年10月19日13:30~16:30 日本イエナプラン教育協会主催ワークショップ「オランダの最新教育事情」(講演と意見交換)、科学技術館第一会議室
  • 2014年10月18日13:30~16:30 一般社団法人グローバル教育情報センター主催「オランダ・イエナプラン教育徹底セミナー」安田コミュニティプラザ[コンフォール安田ビル竹橋・大手町] 
  • 2014年10月13日山形県長井市講演会
  • 2014年10月12日14:00~16:00 イエナカフェ(日本イエナプラン教育協会千葉支部)・まちの子はぐくみ隊共催(江東区教育委員会後援)講演会「世界一子どもが幸せな国に学ぶ愛を持って見守る子育て」パルクシティ江東レクホール
  • 2014年10月12日14:00~16:00 イエナカフェ(日本イエナプラン教育協会千葉支部)・まちの子はぐくみ隊共催(江東区教育委員会後援)講演会「世界一子どもが幸せな国に学ぶ愛を持って見守る子育て」パルクシティ江東レクホール
  • 2014年10月11日13:30~16:30 白梅学園大学教育・福祉センター主催第8回子ども学講座全体テーマ『育てることの哲学』講演「教育は誰のため・何のため~オランダから日本の教育を見直す」講演白梅学園大学学長の汐見稔幸氏と対談、東大和市民会館ハミングホール
  • 2014年2月1日13:00~14:30多様な学び保障法を実現する会主催オルタナティブな学び実践交流研究集会~新しい普通教育の創造に向けて~~~基調講演「多様な学びを実現した国オランダの教育に学ぶ」 東京シューレ葛飾中学校
  • 2014年1月30日 19:00~20:30 滋賀の未来を創る会 オランダ教育について学ぶ(ワークショップ) 南草津駅前フェリエ5階会議室
  • 2014年1月29日 18:30~20:30対話でつなごう滋賀の会主催講演会「オランダから学ぶ滋賀の教育の未来」 ピアザ淡海203会議室(大津におの浜1-1-20)
  • 2014年1月28日 19.00~21.30 コアプラス主催講演・ワークショップ「市民社会を育てる教育~~オランダのシチズンシップ教育に学ぶ」市民交流センターひがしよどがわ
  • 2014年1月26日 13:30~16:30 日本イエナプラン教育協会関西支部第3回関西学習会 イエナプラン基礎ワークショップ(ワールドオリエンテーションに焦点を当てて) プール学院中学校・高等学校(大阪市生野区勝山北1-19-31)
  • 2014年1月24日 日本教職員組合第63次教育研究全国集会基調講演{グローバル化時代における次世代育成ビジョン転換の課題~~~オランダから見直す日本の学校教育~~~}
  • 2013年10月12日13:00~14:00 国立特別支援教育総合研究所主催 日本LD学会第22回大会 特別講演「多様な能力へのニーズとインクルージョン教育の本質~国際化時代の教育先進例としてのオランダの教育~」および16:20~17:50大会企画シンポジウム①「多様なニーズを踏まえた『豊かな学び』と『確かな教え』」パシフィコ横浜国立大ホール 
  • 2013年10月16日 14:30~15:30 世田谷区立二子玉川小学校研修会「世界で一番子供が幸せな国オランダの小学校に学ぼう」
  • 2013年10月17-18日 山形県長井市学校視察、講演18日14:10~16:00 「生きて働く『確かな(学)力』の育成~思考力・判断力・表現力を育む学習指導と評価」
  • 2013年10月19日 13:30~16:00東京都小平市生活者ネットワーク主催講演・ワークショップ「民主主義を底上げ・市民のための政治の使い方連続講座」第三回「市民の育て方~成熟社会におけるシチズンシップ教育」小平元気村小川ひがし会議室 
  • 2013年10月20日 13:30~16:30教育同人社リフレルーム 日本イエナプラン教育協会ワークショップ  「イエナプラン教育の基礎ワークショップ」
  • 2013年10月22日18:30~20:30 風と土のデモクラシー(協力:せふり山系森と水のねっこワーク、いのちの学校)公園とトークセッション「あなたが作る市民文化とシチズンシップ教育: オランダ市民社会はどう成熟したのか」
  • 2013年10月23日 18:00~21;00 日本イエナプラン教育協会福岡支部ワークショップ「イエナプラン教育の基礎ワークショップ」九州大学医学部百年記念講堂2階会議室1(福岡市東区馬出3-1-1、地下鉄箱崎線《馬出九大病院前》下車徒歩8分) 
  • 2013年4月22日 都久志会館 主催:リヒテルズ直子さんを囲む会実行委員会 後援:NPO福岡ジェンダー研究所、ブックスキューブリック「震災後の日本とこれからのシチズンシップ教育」
  • 2013年4月21日 オリンピックセンター国際交流等第2ミーティングルーム 日本イエナプラン教育協会主催イエナプランワークショップ「イエナプラン教育とシステム思考」
  • 2013年4月20日 大田区立消費者生活センター大会議室 大田区・目黒区・品川区生活者ネットワーク主催子育てと教育を考える東京フォーラム基調講演「一人一人の人間を大切にする国オランダの教育から学ぶ」その後櫻井光政氏(元大田区教育委員会委員長)・土肥信雄氏(元東京都立三鷹高等学校校長)・片桐健二氏(障害児を普通学校へ・全国連絡会)・工藤春代氏(市民シンクタンクひと・まち社代表理事)とのシンポジウム
  • 2013年4月20日 成城ホール4階集会室 世田谷生活者ネットワーク主催基調講演「一人一人の人間を大切にする国オランダの教育から学ぶ」その後保坂展人世田谷区長と西崎光子都議とのシンポジウム
  • 2013年4月19日 阿佐ヶ谷産業商工会館3階ホール 講演「国際社会から見た安倍政権の教育政策」とシンポジウム
  • 2013年4月18日 銀座コワーキングスペースLEAGUE 講演とワークショップ「オランダの社会と教育に学ぶ大人のためのシチズンシップ講座  ~グローバルに通用する人材育成と対人関係~」UDS株式会社主催
  • 2013年4月16日 東洋大学白山キャンパス クマヒラセキュリティ財団主催(オランダ大使館後援) 「オランダシチズンシップ教育『ピースフルスクール』公開セミナー」
  • 2013年4月16日 国際文化会館樺山ルーム I-House Lunchtime Lecture 「『子どもが一番幸せな国』オランダから見た日本の教育―――地球市民に求められるもの」
  • 2013年4月13-14日 代々木会議室Kビル会議室A クマヒラセキュリティ財団主催(オランダ大使館講演)「オランダシチズンシップ教育『ピースフルスクール』ワークショップ」(オランダ人の専門家によるトレーナー養成講座)オリエンテーション講演(リヒテルズ直子「ピースフルスクール:オランダでの発展と日本での普及の意義」
  • 2013年4月12日 都庁議会棟[南ウィング]6階第1会議室 東京生活者ネットワーク主催講演「安心・共生・幸せ:オランダ型成熟市民社会に学ぶ」
  • 2012年10月14日 中央大学駿河台記念会館、未来を作る1000人の先生プロジェクト実行委員会主催(「教育と探求者」協力)第1回ミラセン2012フォーラムにて、世田谷区長保坂展人氏、渋谷学園理事長田村哲夫氏、首都大学教授宮台真司氏とともにパネリストとしてパネルディスカッション
  • 2012年10月13日 日本イエナプラン教育協会ワークショップ「保護者の学校参加を促す」
  • 2012年10月13日 立教大学21世紀社会デザイン研究科伊藤道雄教授ゼミにて講義
  • 2012年10月11日 山形県長井市にて講演・ワークショップ・教員研修成果視察と指導
  • 2012年10月9日 東海大学にて「オランダの性教育」についての英語による講義
  • 2012年10月8日 東海大学松前記念講堂・東海大学国際学科創立40周年記念シンポジウム「グローバルシチズンシップ・世界と繋がる」にて、基調講演「多様で豊かな社会を模索するヨーロッパ」
  • 2012年10月6日 明治大学リバティタワー「教育改革フォーラム」で三上昭彦氏(明治大学教授)、福田誠治氏(都留文科大学教授・副学長)とともに、パネルディスカッション
  • 2012年6月16日 浦安イエナ・カフェ拡大版<リヒテルズ直子*寺脇研対談>
  • 2012年6月15日  立教大学公開講演会「震災後日本の新しいパラダイムを求めて~オランダ・モデルから学ぶ市民社会の形成~」
  • 2012年6月9日  日本イエナプラン教育協会講演・ワークショップ「イエナプランにおける<教材>とは何か」
  • 2012年6月8日  京都教育大学講演会
  • 2012年6月7日  奈良県帝塚山大学講義
  • 2012年6月6日  愛知淑徳大学講演会交流文化学部学会講演会「オランダの社会システムについて:ユニセフ子供の幸福度第1位をもたらしたオランダの取り組み」学び方・働き方の多様な選択肢~日本再活性化への示唆~」
  • 2012年6月5日  お茶の水女子大学付属小学校講演とワークショップ「オランダのシチズンシップ教育」
  • 2012年6月3日  自由学園男子部主催:学校教育を考えるワークショップ「学習する学校―――イエナプラン教育と5つの原則」
  • 2012年6月2日  WEF国際教育フォーラム(世界新教育学会主催・自由学園協賛)基調講演「共に生きる社会を創る教育」
  • 2011年11月28日 山形県長井市 学校訪問とワークショップ・研修
  • 2011年11月25日 帝塚山大学現代生活学部こども学科講義「オランダの教育は今―――学び続ける市民、生活者、子どもを育てる」
  • 2011年11月24日 京都教育大学「イエナプラン交流ワークショップ」
  • 2011年11月23日参加型システム研究所主催講演会「オランダ型成熟・市民社会を日本復興のビジョンに―――安心・幸せ社会の作り方」横浜市市民活動支援センター
  • 2011年11月22日アジア・コミュニティ・センター21アジアNGOリーダー塾講演会「安心、共生、幸せに向けての再出発―――“オランダモデル”から何を学ぶか」アジア文化会館
  • 2011年11月21日ほんの木主催「祖国よ、安心と幸せの国となれ」出版記念講演会「子どもたちの未来のために、日本再生を考える」千代田プラットフォーム・スクエア
  • 2011年11月20日第2回日本イエナプラン教育協会総会基調講演とワークショップ「ワールドオリエンテーションの進め方」、オリンピックセンター
  • 2011年8月6日第7回教室『学びあい』フォーラム2011in東京「教師も子どもも元気になろう!今こそ学びあい」講演「幸せな未来は幸せな子どもたちから~子供の幸福度世界一、共生社会のオランダに学ぶ」オリンピックセンター
  • 2011年8月4日10時~16時半EFC・日本イエナプラン教育協会ワークショップ、あうるスポット
  • 2011年8月1日18時ほんの木未来塾講演会「祖国よ、安心と幸せの国になれ」ちよだプラットフォームスクエア 
  • 2011年7月30日13時半~17時日本イエナプラン教育協会浦安イエナカフェワークショップ、浦安市民プラザWAVE101
  • 2011年7月27日18時~21時半日本イエナプラン教育協会埼玉支部ワークショップ「子供も大人も幸せになれるオランダ・イエナプラン教育のグループリーダーの在り方」
  • 2011年6月1日こどもCAPふくおか主催・ブックスキューブリック・NPO法人福岡ジェンダー研究所・福岡市男女共同参画センターアミカス講演「パパの笑顔と子どもの幸せ~オランダからのヒント、男性の働き方は変えられる」アミカスホール
  • 2011年5月30日九州産業大学「日本の大学生に伝えたいこと~海外生活者の視点から」(講義)、「大学教育の質保証~学士力をどう考えるか」(パネルディスカッション)九州産業大学
  • 2011年5月29日日本イエナプラン教育協会九州支部・イエナプランカフェワークショップ、九州大学医学部百年記念講堂
  • 2011年5月28日コアプラス「学校教育のこれからの課題~今オランダでは何が起こっているか」
  • 2010年10月13日ほんの木・未来塾公開フォーラム『日本、市民社会への道パート2』お茶の水税経貸し会議室
  • 2010年10月12日Education Future Center主催「共に生きる未来は学校づくりから」
  • 2010年10月11日日本イエナプラン教育協会設立総会「イエナプラン教育は、ともに生きる社会のために~~~明日の学校に向かって」中野サンプラザ
  • 2010年10月10日藤井皆子とみんなの会&ネット港南事務所主催「ワークシェアリングの国オランダの子育て事情」港南地区センター
  • 2010年10月9日コアプラス・関西子ども文化協会主催・多様な教育を推進するためのネットワーク協賛「教育が作る未来の社会~日本・オランダの実践に学ぶ」大阪市立青少年センター
  • 2010年10月7日山形県長井市教育委員会主催・教育関係者対象講演会
  • 2010年9月Studium Generaal van Universiteit Utrecht, Japanese Society and her education behind a 'modern' mask, De Academiegebouw van Universiteit Utrecht(オランダ、ユトレヒト大学公開講座講演)
  • 2010年6月26日未来塾フォーラム「オランダ人の生き方・働き方と日本市民社会への展望」千代田区神田錦町コンフォール安田ビル
  • 2010年6月23日法政大学尾木直樹ゼミ・講義社会心理学・現代家族論に参加
  • 2010年6月23日東京都生活者ネットワーク「オランダの教育」東京都都庁議会棟
  • 2010年6月22日イエナプランin浦安『幸せな子どもは学ぶことが好き』浦安市浦安市民プラザWAVE101小ホール
  • 2010年18日京都教育大学「オランダの教育に学ぶ~成熟した市民社会が育む教育の多様性」京都教育大学F22 教室
  • 2010年6月18日京都教育大学「オランダイエナプラン教育ワークショップ」
  • 2010年2月22日ブックスキューブリック・NPO福岡ジェンダー研究所・西南学院大学『ことばの力』養成講座主催)『競争から共生へ 教育大改革から日本再生を!~子どもの幸福度世界一の国オランダからの提言~』福岡西南学院コミュニティセンター
  • 2010年2月20日•ほんの木主催『子どもたちの幸せ感世界一のオランダの教育と、それを支える政治・マスコミ・市民社会』千代田プラットフォームスクエア
  • 2010年2月18日法政大学キャリアデザイン学部オランダ教育シンポ企画委員会主催「子供がみんな幸せになる教育へ――共生社会のオランダに学ぶ――」(基調講演とパネルディスカッション)法政大学市谷キャンパス外濠校舎5階S505教室(コーディネーター:尾木直樹氏、パネリスト:高野良一氏、佐貫浩氏、児美川孝一郎氏、綿貫公平氏)
  • 2010年2月16日NPO法人[子ども盆栽」主催講演会「個性を伸ばす教育とは~教育の多様性の国オランダに学ぶ』エル大阪606会議室
  • 2010年2月14日横浜市ネットワーク横浜主催『幸せな未来は幸せな子どもたちから―――子どもの幸福度世界一のオランダに学ぶ(人生の選択の幅が広がる教育、子育て、働き方を実現した国オランダに学ぶ)』戸塚区地区センター2階B会議室
  • 2010年2月14日東京私立学校教職員組合『組合活動グレードアップ講座part IV』『オランダの教育について:私学の教育の自由と公立校との平等を求めて』全国教育文化会館
  • 2010年2月13日市民ネットワーク・市川主催講演会「残業ゼロ授業料ゼロで豊かな国オランダ」千葉県市川市市役所八幡市民談話室4階
  • 2010年2月12日長井市・長井市教育委員会主催「これからの長井の教育を考える」山形県長井市タス2階バンケットホール
  • 2010年2月11日杉並の教育を考えるみんなの会主催「尾木直樹さんと対談講演会:子どもを幸せにする教育の仕組みとは?---子どもたちの幸福感世界一のオランダから学ぶ)杉並区阿佐ヶ谷地域区民センター
  • 2010年2月9日4コネクション主催「衆議院議員会館議員懇談会及び一般公開講演会『日本を豊かにするための教育改革提言―――幸福度と経済効率が高い成熟市民社会オランダに学ぶ」衆議院第2議員会館
  • 2008年11月11日 オランダ大使館主催「日蘭共同教育改革シンポジウム ---共生を学ぶ場としての学校 - いじめや不登校を防止し子どもの自己肯定感を育てるには」講演者:ミシャ・デ・ウィンター(ユトレヒト大学教授)、ルック・ステーヴェンス(ユトレヒト大学名誉教授)(イントロダクションおよびパネルディスカッションのモデレーター)
  • 2007年7月4日東海大学教養学部国際学科主催(2007年度第5回国際理解講座)『オランダの学校ーーー画一教育から個別教育への転換を果たした社会』(東海大学湘南キャンパス)
  • 2007年7月1日『多民族共生教育フォーラム・2007東京』実行委員会主催プレ企画第1回公開セミナー『移民の子供たちの教育ーーオランダの場合ーー』(在日本韓国YMCA)
  • 2007年6月30日京都教育大学教育実践総合センター主催『オランダの教育に学ぶ(2)---オランダの総合学習とそれを支える教育制度ーーー教員養成・研修の視座を求めてーーー』(京都教育大学)
  • 2007年6月27日全国私立保育園連盟・長崎県保育協会主催 『第50回全国私立保育園研究大会長崎大会シンポジウム子育てルネッサンス』 シンポジストとして(長崎市長崎ブリックホール)(コーディネーター:藤森平治氏。シンポジスト:鯨岡峻氏) 
  • 2007年3月11日地域と教育を考える会主催『多様性が一人ひとりの子供を育てる』(品川区きゅりあん)
  • 2007年3月10日4コネクション・日本イエナプラン教育研究会主催『オランダ・イエナプラン教育に学ぶ:総合学習と市民教育を考える』(法政大学)
  • 2007年3月4日京都教育大学教育実践総合センター主催(協賛:NPO法人大阪に新しい学校を作る会・学校法人きのくに子供の村学園・NPO法人関西こども文化協会、講演:京都府教育委員会・京都市教育委員会)シンポジウム『オランダの教育に学ぶーーー成熟した市民社会がはぐくむ教育の多様性ーーー』(京都教育大学)
  • 2007年3月3日知と文明のフォーラム・日本女子大学人間社会学科共催シンポジウム『北欧型教育と日本の教育』(日本女子大学)
  • 2005年7月18日パワー・エリア主催教育フォーラム『オランダの個別教育に学ぶーーーイエナプラン教育を中心に』(法政大学)
  • 2005年5月5日学校教育改革フォーラム第3回フォーラム会議『オランダの学校教育の現状ーー選択の自由の保障ーー』
  • 2004年11月13日教育の多様性の会有志主催『教育の多様性を実現した国オランダに学ぶ』
  • 2004年11月12日愛知市民教育ネット主催『市民参加の教育作りの先進国オランダに学ぶ』
  • 2004年11月12日衆議院議員超党派グループ臨時勉強会『オランダの教育事情』
  • 2004年11月10日政策研究大学院大学福井秀夫教授主催勉強会『オランダの教育事情』
  • 2004年11月8日慶應義塾大学SFC金子郁容研究室「コミュニティ型教育プログラムと地域活性化」主催講演『オランダにおける学校システム』
  • 2004年11月6日教員・社会人・学生による教育コミュニティT-Plus主催『多様な教育が一人ひとりの子供を育てるーーオランダ教育からの風ーー』
  • 2004年11月4日長野県教育委員会主催教職員講演会『オランダの教育事情を中心に』


<紹介記事・メディア>

•日経ビジネスアソシエ2009年4月7日号「勝間和代のニュースな仕事術 第15回 テーマ:ワークシェアリング」

•毎日新聞2008年6月16日「教育の森」欄「イエナプランに学年の混成学級、輪になり教えあう---オランダの小学校」(リンク)

•読売新聞2007年12月28日「教育制度 海外では?:留学子育て体験本人気」(拙著2冊紹介)

•朝日新聞2007年11月25日「イエナプランで学んだら」(東京・京都でのシンポジウム・ワークショップを取材した記事)

•朝日新聞2006年10月29日『書評』欄(「オランダの個別教育はなぜ成功したのか」2006年9月平凡社刊)

•毎日新聞2004年11月13日『人』欄

掲載記事

日本語記事

・「『個』の尊重と人の『つながり』を育むには?―――オランダの教育現場から」「婦人之友」2013SEPTEMBER 2013年9月1日刊行
・「連載:オランダ・ポルダーモデルに学べ」『連合』2010年9月号-2011年1月号日本労働組合総連合会
論考「オランダの教育と日本の教育」『季刊人間と教育』2010年夏号民主教育研究所、2010年6月旬報社
・連載「もっと知りたい!人に優しい国」オランダ編3回、月刊『クレスコ』2010年7月号8月号9月号民主教育研究所、2010年6‐8月
・シリーズ「オランダの教育」(全6回)、[生活者通信]東京・生活者ネットワークNo.224-229、2010年5月1日―10月1日
・「オランダ・ポルダーモデルが教える格差社会脱皮のヒント」「アジェンダ」2009年夏号(第25号)アジェンダ・プロジェクト
・「豊かさとは何か―――オランダからの視点―――」「年金時代」2009年6月号 社会保険研究所
・「子どもたちの幸福度が高いオランダの育児事情」「月刊クーヨン」特集:ハッピーを生む教育は逆境からはじまった!2009.4、(4月1日発行)クレヨンハウス 
・「『幸福度』第1位の国の多文化共生教育」「NHK社会福祉セミナー」2009年1ー3月号(2008年12月21日発行)NHK出版 
・「幸福度世界一のオランダの子どもたちの生育環境としての学校」「教育と医学」2008年11月号(10月27日発行)慶応義塾大学出版会 
・「教室はみんなで作るリビングルーム―――オランダのイエナプラン教育」『月刊クーヨン増刊号:のびのび子育て』9月号増刊2008年9月10日発行クレヨンハウス 
・「親子対話術―――欧米外交官流」『プレジデント・ファミリー』2008年10月号特集母の叱り方、父の叱り方(オランダの個所で、オランダ大使館職員と共にインタビューを受ける)2008年8月発行 
・「イエナプラン教育が作る未来の社会」『学思』No.6 日本能率協会マネジメントセンター、2008年7月 
・「豊かさとは何か」、『季刊ファム・ポリティク』No.57 (2007年秋号) 
・「オランダの小学校教育」、『教育研究』2007年10月号第62巻第10号、筑波大学付属小学校初等教育研究会 
・「オランダのイエナプラン教育 」、『季刊アプローチ』第179号Autumn2007(特集:一人ひとりの子供の個性を生かすーーー教育の多様性を考える竹中工務店広報部、2007年9月10日
・「多様性に富んだヨーロッパの学校」、『季刊アプローチ』第179号Autumn2007(特集:一人ひとりの子供の個性を生かすーーー教育の多様性を考える竹中工務店広報部、2007年9月10日
・「学校を診断し改善を支援する『学校評価制度』」(徹底研究・諸外国における「学力調査」と学校評価6オランダ編下)、『週刊教育資料 』2007年9月3日号no.995、日本教育新聞社
・「個別発達援助と進路指導のための2つの『学力調査』」(徹底研究・諸外国における「学力調査」と学校評価5オランダ編上)、『週刊教育資料』2007年8月27日号no.994、日本教育新聞社
・「オランダの教育」、教育ジャーナリスト天野一哉氏によるインタビュー、『AERA』、2005年9月5日号
・「子供は一人ひとりユニーク 互いの個性を認め合い、共に生きる社会のために」、『子供たちの幸せな未来6』、2005年8月20日、ほんの木(ISBN4-7752-0028-3) 
・「オランダの教育サポート機関(OBD)に学ぶ」『月間フィランソロピー』2005.8(No.282)、日本フィランソロピー協会 
・話題の本著者インタビュー; 「教育とはよりよき民主社会を作るためのもの」ACT新聞、2005・6・13第241号 
・「一人ひとりの子供を大切にするオランダの教育」、『グープ』2005.6、vol.8, 生活協同組合連合会グリーンコープ連合 
・「徹底した『個人主義』の積み重ねとしての教育」、『教育と文化』39号、2005、国民教育文化総合研究所編 
・「教育の多様性を実現した国オランダに学ぶ(講演録)」、『くらしと教育をつなぐWE』、2005.4、フェミックス 
・「市民による市民のための学校」、『グープ』2005.3、vol.7、生活協同組合連合会グリーンコープ連合 
・「マレー村落のリーダーシップ構造」、1985、「季刊人類学」16-1、講談社 
・「近代化過程におけるマレー村落のリーダーシップ構造の変容ーーートレンガヌ州ブスッ郡クランダン地区の事例」、1983、「社会学研究年報」第13号、九州大学社会学会編 


オランダ語記事

Japan heeft geen oog voor het individu, (Interview) Transfer,juni 2005 
Nederland door Japanse Ogen, Transfer, april 2000 
Japan wil meer onderwijshulp geven aan meer landen, Transfer, april 2000 
Japan universiteiten ontdoen zich van het keurslijf, Transfer, april 2000 

紹介記事

日経ビジネスアソシエ2009年4月7日号「勝間和代のニュースな仕事術 第15回 テーマ:ワークシェアリング」
毎日新聞2008年6月16日「教育の森」欄「イエナプランに学年の混成学級、輪になり教えあう---オランダの小学校」(リンク)
読売新聞2007年12月28日「教育制度 海外では?:留学子育て体験本人気」(拙著2冊紹介)
朝日新聞2007年11月25日「イエナプランで学んだら」(東京・京都でのシンポジウム・ワークショップを取材した記事)
朝日新聞2006年10月29日『書評』欄(「オランダの個別教育はなぜ成功したのか」2006年9月平凡社刊)
毎日新聞2004年11月13日『人』欄

掲載記事

日本語記事

・「『個』の尊重と人の『つながり』を育むには?―――オランダの教育現場から」「婦人之友」2013SEPTEMBER 2013年9月1日刊行
・「連載:オランダ・ポルダーモデルに学べ」『連合』2010年9月号-2011年1月号日本労働組合総連合会
論考「オランダの教育と日本の教育」『季刊人間と教育』2010年夏号民主教育研究所、2010年6月旬報社
・連載「もっと知りたい!人に優しい国」オランダ編3回、月刊『クレスコ』2010年7月号8月号9月号民主教育研究所、2010年6‐8月
・シリーズ「オランダの教育」(全6回)、[生活者通信]東京・生活者ネットワークNo.224-229、2010年5月1日―10月1日
・「オランダ・ポルダーモデルが教える格差社会脱皮のヒント」「アジェンダ」2009年夏号(第25号)アジェンダ・プロジェクト
・「豊かさとは何か―――オランダからの視点―――」「年金時代」2009年6月号 社会保険研究所
・「子どもたちの幸福度が高いオランダの育児事情」「月刊クーヨン」特集:ハッピーを生む教育は逆境からはじまった!2009.4、(4月1日発行)クレヨンハウス 
・「『幸福度』第1位の国の多文化共生教育」「NHK社会福祉セミナー」2009年1ー3月号(2008年12月21日発行)NHK出版 
・「幸福度世界一のオランダの子どもたちの生育環境としての学校」「教育と医学」2008年11月号(10月27日発行)慶応義塾大学出版会 
・「教室はみんなで作るリビングルーム―――オランダのイエナプラン教育」『月刊クーヨン増刊号:のびのび子育て』9月号増刊2008年9月10日発行クレヨンハウス 
・「親子対話術―――欧米外交官流」『プレジデント・ファミリー』2008年10月号特集母の叱り方、父の叱り方(オランダの個所で、オランダ大使館職員と共にインタビューを受ける)2008年8月発行 
・「イエナプラン教育が作る未来の社会」『学思』No.6 日本能率協会マネジメントセンター、2008年7月 
・「豊かさとは何か」、『季刊ファム・ポリティク』No.57 (2007年秋号) 
・「オランダの小学校教育」、『教育研究』2007年10月号第62巻第10号、筑波大学付属小学校初等教育研究会 
・「オランダのイエナプラン教育 」、『季刊アプローチ』第179号Autumn2007(特集:一人ひとりの子供の個性を生かすーーー教育の多様性を考える竹中工務店広報部、2007年9月10日
・「多様性に富んだヨーロッパの学校」、『季刊アプローチ』第179号Autumn2007(特集:一人ひとりの子供の個性を生かすーーー教育の多様性を考える竹中工務店広報部、2007年9月10日
・「学校を診断し改善を支援する『学校評価制度』」(徹底研究・諸外国における「学力調査」と学校評価6オランダ編下)、『週刊教育資料 』2007年9月3日号no.995、日本教育新聞社
・「個別発達援助と進路指導のための2つの『学力調査』」(徹底研究・諸外国における「学力調査」と学校評価5オランダ編上)、『週刊教育資料』2007年8月27日号no.994、日本教育新聞社
・「オランダの教育」、教育ジャーナリスト天野一哉氏によるインタビュー、『AERA』、2005年9月5日号
・「子供は一人ひとりユニーク 互いの個性を認め合い、共に生きる社会のために」、『子供たちの幸せな未来6』、2005年8月20日、ほんの木(ISBN4-7752-0028-3) 
・「オランダの教育サポート機関(OBD)に学ぶ」『月間フィランソロピー』2005.8(No.282)、日本フィランソロピー協会 
・話題の本著者インタビュー; 「教育とはよりよき民主社会を作るためのもの」ACT新聞、2005・6・13第241号 
・「一人ひとりの子供を大切にするオランダの教育」、『グープ』2005.6、vol.8, 生活協同組合連合会グリーンコープ連合 
・「徹底した『個人主義』の積み重ねとしての教育」、『教育と文化』39号、2005、国民教育文化総合研究所編 
・「教育の多様性を実現した国オランダに学ぶ(講演録)」、『くらしと教育をつなぐWE』、2005.4、フェミックス 
・「市民による市民のための学校」、『グープ』2005.3、vol.7、生活協同組合連合会グリーンコープ連合 
・「マレー村落のリーダーシップ構造」、1985、「季刊人類学」16-1、講談社 
・「近代化過程におけるマレー村落のリーダーシップ構造の変容ーーートレンガヌ州ブスッ郡クランダン地区の事例」、1983、「社会学研究年報」第13号、九州大学社会学会編 


オランダ語記事

Japan heeft geen oog voor het individu, (Interview) Transfer,juni 2005 
Nederland door Japanse Ogen, Transfer, april 2000 
Japan wil meer onderwijshulp geven aan meer landen, Transfer, april 2000 
Japan universiteiten ontdoen zich van het keurslijf, Transfer, april 2000