リヒテルズ直子

オランダから地球市民社会と教育を語る

古いブログへのリンクはこちら 地球を渡る風に吹かれてオランダ人と社会と教育と



最新刊情報

2018年6月20日付で日本評論社より「0歳から始まるオランダの性教育」が刊行されます。

オランダの性教育を、人間関係教育さらには市民性教育として捉え、公教育におけるその意味を問い直すための材料として紹介しています。

アマゾン等では、すでに予約受付が開始されています。ぜひ、広い立場から性教育を捉えなおす意味で、お読みいただけますよう、お願い申し上げます。